当法人では処遇改善加算Ⅰを算定しており、10月以降は特定処遇改善加算Ⅰも算定予定です。

職員の処遇改善方法については、毎月の給与に「処遇手当」として全額支給(法定福利費は控除)し、介護職員の処遇改善に努めております。

特定処遇改善加算については、職員の経験・技能に応じて、同様に介護職員の毎月の給与にて全額支給予定です。
※経験・技能について
①介護福祉士として10年以上の経験と技能があると法人が認めるスタッフ。
②介護福祉士として10年未満の経験と技能があると法人が認めるスタッフ。または 介護福祉士以外の介護職員で、経験と技能があると法人が認めるスタッフ。
③その他の職種として介護に携わっており、経験と技能があると法人が認めるスタッフ。